ステラマリー☆ワイン会「アズアズ会」

ステラマリー☆ワイン会「アズアズ会」

ステラマリー☆ワイン会「アズアズ会」を開催いたしました。テーマは「MLF」
今回リリースの白ワインは、ほぼマロラクティック発酵(MLF)させていないとの事。今までのヴィンテージと味わいの違いを皆様と官能評価しつつ、検証いたしました☆
☆須崎夫妻の言葉☆
ソーヴィニョンやゲヴュルツといった品種香に特徴あるワインにとってMLFの香りが邪魔かなぁ・・・
でもMLFさせとかないと、瓶詰め後に温度が上がった時、瓶内で乳酸菌が動いたらコルクが浮き上がる可能性があってヤダなぁ・・・
今までMLFさせていた理由が、こちら。でも、お客様はワインたちを大切に扱ってくれることが分かり、今回はマロさせなかったそうです
そのピュアな味わいは、サルデーニャにいらしたシェフの一皿「金目鯛のマリネ」(レア)とフレッシュにマリエージュ
そして、メインの「アンダス牛」のジューシーで柔らかな旨味には一同ノックアウト!
non泡のランブルスコを含む赤ワインたちと、トリプルマリエージュとなりました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。そして、優しい心遣いで迎えて下さったマダムとシェフに感謝いたします。
須崎大介さん、あずさ夫妻にフィードバックさせていただきますね。それが、ステラマリーの使命です☆「アズアズ会」にお招きする日も近いかもしれません。