ステラマリー☆ワイン会Vol.39「ミシュラン☆焼き鳥と日本ワインのマリエージュ」

ステラマリー☆ワイン会Vol.39「ミシュラン☆焼き鳥と日本ワインのマリエージュ」

2.20 ステラマリー☆ワイン会Vol.39「ミシュラン☆焼き鳥と日本ワインのマリエージュ」を開催いたしました。
今回は「焼き鳥」というジャンルで初めてミシュランのを獲得された名店「とり喜」さん隠れ部屋での初マリエージュ♡
職人坂井さんの串は塩とレア加減が秀逸で、ふっくらジューシー。故・九重親方の贔屓のお店としても有名です。
今回はお店のリストより日本ワイン2種を含むマリエセレクト。自然派と言われる造り手のシャルドネ飲み比べとなりました。

乾杯は、島之内フジマル醸造所に昨年入られた醸造家岩谷氏が山形置賜産のデラウエアで造るオレンジワイン
グルーブの清澄白河フジマル醸造所は「とり喜」さんの程近くです。坂井さんの真骨頂レアな「さび焼き」と寄り添いました。

ここから、いよいよシャルドネです。
発売と同時に完売となってしまう愛知「アズッカエアズッコ」さんと富山「セイズファーム」さんの比較が興味深く、皆様から「日本のシャルドネの可能性を感じた!」というお声を戴きました。
小布施さんと奥野田さんは貫禄の安定感で、どんな串(塩)にもよく合います。
実は、10年ほど前に奥野田さんのワイン(桜沢シャルドネ)を初めて戴いたのがこちらのお店。
まだ「日本ワイン」という名称は耳にしなかった時代で、その果実味と芳醇な味わいは衝撃的でした☆

そして、お楽しみのフォアグラレバーには「五一わいん」さんのメルローを。レバーに、タレとメルローの果実味がダブルソースとなり、皆様うっとりの〆となりました
ステラマリー念願の「とり喜」さんでのマリエージュ。感動を共有してくださった皆様、ありがとうございました。
変わらず予約困難店ではありますが、18時30分迄にお集まりいただける方、次回ぜひお待ちしております。