Piero Mastroberardino氏来日

Piero Mastroberardino氏来日

イタリアカンパーニャ州のMastroberardino の10代目当主Piero Mastroberardino氏が来日され、Maker’s dinnerに参加しました
1878年創業。ワイン造りの歴史は1750年頃から続くMastro「名将」の称号がふさわしい由緒あるワイナリー。
戦後、カンパーニュ州で国際品種に植え替えを行うワイナリーが多い中で唯一、地場品種に拘り伝統的な味わいを守っています。
「Greco di Tufo」「Fiano di Avellino」「Taurasi」
ワインの勉強をされた方は、必ず覚える名前ですね。これらがD.O.C.G.にまで昇格できたのは、Mastroberardinoの存在があったから。
そして「アリアニコ」は「ネッビオーロ」「サンジョヴェーゼ」と並ぶイタリア三大ブドウ品種のひとつ☆ 長期熟成に耐えうるワインです。
イタリア政府機関より、ポンペイの遺跡から発掘されたブドウ畑よりワインを造るプロジェクトを唯一託されているワイナリー。
今年は、その貴重なワインを戴くチャンスもあるようで楽しみです♡
お招きいただきありがとうございました。

Taurasi Riserva ‘Radici’

Marie’s Tasting Note :
南イタリアの太陽を浴びて完熟した赤果実のアロマにスパイス、ショコラのニュアンスがあり滑らかなタンニンから熟成感を感じられる。妖艶さを身にまとった赤ワイン。