ステラマリーワイン会Vol.24「お肉と妖艶ワインのマリエージュ♡」

ステラマリーワイン会Vol.24「お肉と妖艶ワインのマリエージュ♡」

9.23 ステラマリーワイン会Vol.24「お肉と妖艶ワインのマリエージュ♡」を開催いたしました。
今回は「赤身にくがとう」さんのシークレット部屋にて、みなさんと七輪を囲んで初のお肉の会
厳選された上質なお肉を、モルドバ、オーストリア、日本、NZ、アメリカよりマリエセレクトさせていただいた妖艶ワインたちとお愉しみいただきました。
まずは、先日訪問しましたモルドバのCricova wineryのスパークリング(シャンパーニュ方式)で乾杯!
フレッシュな酸と優しい甘さがキムチやナムル、お刺身と好相性。
ベートーベンNo.9のエチケットが印象的なグリューナーヴェルトリナーは、握り(カンボジア生コショウ乗せ)と合いました。
いよいよ焼き肉に入ると、妖艶赤ワインたちの登場です。
シリアルNo.の入った300本限定塩山Kisvin wineryのシラーは厚切り上タンやハツ。
NZ キムラセラーズのピノノワールはイチボの一枚焼き(すき焼き風)に。
A5赤身ロックにはエレガントなカリピノPaul Lato。
ラストのカルビとマニア肉にはマリリン・モンローのメルローが優しく寄り添いました
やはり、お肉とワインはみなさんを笑顔にしますね。ご参加いただきましてありがとうございました。