ワインと恋のマリエージュ ~ ワインと恋愛は似ている。 ~

ワインと恋のマリエージュ  ~ ワインと恋愛は似ている。 ~

ワインと恋愛は似ている。


ワインに出逢った時、まず目に入るのが容姿 ( ルックス )

ジャケット買いは、この一目惚れのこと。

次にエチケットを読むと「人となり」 ( 名前・出身地・年齢・ブランド・性格など ) がわかる。

例えば、

「きっとカリフォルニアのカベルネ・ソーヴィニョンだから、樽香いっぱいでジャムのようなまったりとした味わいだろうな」と想像してみる。

いざテイスティングしてみると「 意外にもタンニンがまろやかで酸もしっかりしている。。。造り手は?」という具合に裏切られたりする。

そんな時、マリエはそのワインに恋をする。

でもその恋は、ボトルを飲み干すまでのせいぜい二時間ほどの「たまゆらの恋」
もしかしたら… いや、もうそのボトルとは二度と逢うことはできない。

好みのワインに出逢えた瞬間に感じるエクスタシー。
それは「琴線に触れる」ということ。
そして、もし好きな人とボトルを分け合っていたらエクスタシーはダブルになる。

そういうわけで、誕生月に出逢った恋人( もちろんワイン )を忘れないためにもご紹介しておきましょう。
コルシカ島の魅惑のヴェルメンティーノ☆ いつか、逢いにゆきます。

☆Marie’s Tasting Note


Rennucci ‘Vignola Blanc’ Corse Calvi 2014

原産地呼称  AOCコルス・カルヴィ
品種     ヴェルメンティーノ100% ( 平均樹齢27年 )
アルコール度 13.7%
外観     黄金色
香り     白い花、グレープフルーツなどの柑橘系のアロマ。
味わい    豊かな果実味に優しい酸とミネラルが寄り添い繊細な味わい。
マリエージュ 西太后が愛した宮廷料理 ( 銀座 )